尾道柑橘工房

尾道市 . 広島県

自己紹介

パティシエとして菓子製造に25年携わってきた経験と技術を活かし、2021年3月、尾道瀬戸田町にて「尾道柑橘工房」を立ち上げました。地元の柑橘を原料に、アイスキャンディー、ジャム、ドライみかん、ドライレモンなどを開発、季節毎に製造しています。
島しょ部の人口減少や、柑橘農家の減少を目の当たりにし、地域の維持に繋がる事業を目指して、柑橘を活用した加工品を地元の人材で製造販売する事業を作りたいと思っています。
今はどんな時期にどんな素材の活用が期待されているかや、どんな人材と組み合わせることができるかを季節毎に聞き取りながら、商品開発を行なっています。
「食の6次産業化プロデューサー」として加工の技術指導や、相談もお受けしています。

私たちのこだわり

尾道柑橘工房は「美味しい」のインパクトは地域を知るきっかけになる!との思いから、加工品で関係人口を創出する事を目指しています。
これまで活用されていなかった素材をも活かして、小さなお子様から、ご年配の方まで、「美味しい」と感じでもらえる商品を目指しています。

みなさまへメッセージ

尾道柑橘工房はパティシエの経験と技術を活かした加工品づくりをしています。
衛生管理と、美味しさ、見た目の美しさ、そして素材を活かし、シンプルな原料でシンプルな加工を心がけています。

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...