瀬戸内醸造所株式会社

三原市 . 広島県

自己紹介

2019年より近隣の農家で採れたブドウやリンゴを使ってワインの製造・販売を開始しました。
2021年4月には、広島県三原市の海沿いへレストラン併設のワイナリーを開業。同年夏からは自社での醸造を始めました。レストランでは農家の方々から仕入れた旬の食材を使い、ワインに合う”SETOUCHI料理”をご提供しています。

私たちのこだわり

瀬戸内醸造所が販売している果実酒は「瀬戸内の地酒としてのワイン」をコンセプトに、気軽に果実酒に親しんでいただける方が増えることを願い、醸造しています。
ブドウは自社で育てるだけではなく、私たちの想いに共感してくれる瀬戸内の生産者のみなさんと共に生産しています。
信頼できる生産者のみなさんへの委託栽培や、自治体との連携による休耕地活用など、瀬戸内の農業関係者と連携することで、ワインの質を高めるだけでなく、さまざまな土地の味わいの表現が可能になります。
また、ブドウに留まらず、域内の農業・漁業などの一次産業、そこに携わる生産者や料理人の方々とのつながりを深めていくことで、地域が育んできた食の伝統や歴史、地域の食産業を含めた、瀬戸内地域の食文化の継承を目指しています。

みなさまへメッセージ

瀬戸内醸造所のワインは、瀬戸内の食材と一緒に楽しんでいただくことを想定してつくっています。
例えば、ベリー種ならではの華やかな香りとドライな飲み口の「MIHARA ニューベリーA 」には三原の名物である「タコのカルパッチョ」とのペアリング、竹原の赤土の畑で育ったブドウで作られた「TAKEHARA キャンベル・アーリー」は、同じ竹原市吉名町の赤土から生まれた「じゃがいものフライドポテト」と味わっていただきたい。
ぜひお食事とともにお楽しみください。

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...