株式会社なかやま牧場

福山市 . 広島県

自己紹介

なかやま牧場は昭和35年(1960年)に和牛3頭からの肥育を行い、昭和40年(1965年)には当時では行われていなかった乳用種雄仔牛の肉用肥育を成功させ、その後多頭肥育の技術を確立。また、肉牛特有の複雑な流通経路を自社で一貫化することで、今でいう6次産業化の形を作り上げ、現在ではスーパーマーケット「ハート」(福山市内7店舗、岡山県内3店舗)を通じて、地元を中心に安定した美味しさで牛肉を提供しています。

私たちのこだわり

ストレスなく健やかに育てた牛は、 安心安全なおいしい肉になります。
牛も地球も大切にし、子どもからお年寄りまで、みんなが笑顔 になる牛肉を食卓に届けたい。
「太陽と緑と倖せと」というキャッチコピーのもと、 生産から販売まで一貫し、手が届くおいしい牛肉を販売しております。

創業時から目指していたのは、ほどよい脂の旨みと、肉本来の旨みのバランスのよい肉。
肥育期間の独自開発した飼料には、一般的には2~5割としているトウモロコシの配合を
6割以上にすることで、旨みの濃い肉質にしています。

また、亜麻仁由来の成分を飼料に加え与えており、これが肉の脂の融点を下げ、さっぱりと口どけのよい脂に仕上がり、より牛肉のうまみが感じられます。

みなさまへメッセージ

地元地域のお客様が大切に考えられている方々も我々のお客様です。
地域を離れられた方々も今なお我々の大切なお客様です。
そして、この先、なかやま牧場を知って頂く事になる方々にも
「なかやま牛」のファンになっていただきたいと願っています。
贈答品としてもご自宅で召し上がって頂く事でも共に満足して頂く事が出来るように、
安定した高品質の一貫生産の良さを十分に生かした商品提供を、
そして「なかやま牛」を共に味わい喜びを感じて頂く事が出来る商品を多数ご用意しております。
あなたの大切な時間を過ごす際に是非、ご一緒に召し上がってください。

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...