合同会社フジヤ食肉店

広島市南区 . 広島県

自己紹介

昭和23(1948年)年、その当時日本でも屈指の活気を誇った広島県呉市で開業。小腹の空いた子供たちに店の「豚肉と野菜を混ぜて焼いた惣菜」を作っていました。その後、「豚肉と野菜を混ぜたもの」を皮で包みオリジナルギョウザとして販売し始めました。
その後、昭和39(1964)年に、現在の「フジヤ食肉店」に名称を変え再開業。ときは高度経済成長期の食生活が豊かになってきた時代。働く女性が増え、すぐに食卓に出せるお惣菜として、「お肉屋さんのギョウザ」販売はあっという間に評判になりました。
そして開業から70年を過ぎた今もなお、その時代ごとの厳選された素材を使い続け、愛情を込めて「手作り 廣島ギョウザ」を作っております。

私たちのこだわり

からだにも心にも美味しいギョウザをお届けするために、私たちは「廣島ギョウザのおやくそく」を守ります。
一.国産の食材(豚肉・野菜)だけを使います。
一.合成着色料や旨味調味料は一切使いません。
一.安心の「海人の藻塩」と「広島県産カキソース」を使います。
一.ギョウザの皮、秘伝のタレもオリジナルにこだわります。

みなさまへメッセージ

広島弁である「えっと」とは、「たくさん」「いっぱい」を意味する方言で、その言葉通り「えっと食べてほしい」逸品です!
基本的ににんにくを使用せず、代わりに新鮮なショウガやニラを使い、女性や子供たちが安心してたくさん食べられること、そして何より美味しいことが人気の理由に繋がっています。
親子二代に受け継がれてきた”匠の手ごね”でギョウザの具を作り続けるおふくろの味「廣島ギョウザ」をぜひ一度お召し上がりください。

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...