カネカ水産

福山市内海町 . 広島県

自己紹介

広島県福山市の南部にある島である内海町は、漁業のまち。
中でも海苔の生産量は広島県で最も多く、県内産の8割ほどを占めています
そんな内海町で海苔養殖をしているのがわたしたち「カネカ水産」です。
昭和56年頃に創業し、現在で2代目となる海苔師の一家です。

私たちのこだわり

春・夏は定置網漁でタイ・ヒラメ・イカなどの魚を獲り、冬は海苔の養殖に勤しんでいます。
ほとんどの海苔は海苔問屋や加工メーカーで最終的な製品になるため、生産地である内海町の名前が表に出ることは多くありません。
しかし、大切に育てた海苔を直接消費者へ届け、内海町の海苔を知っていただきたいとの想いから、自社生産したものを販売しています。
そのシーズンで最初に収穫する「初摘み」海苔で作っていて、とろけるようなやわらかさが特徴です。

みなさまへメッセージ

海苔本来のおいしさを感じられるよう、味付けにもこだわりを持っています。
ご飯と合わせるのももちろんですが、やみつきになるようなおやつやおつまみとしてもおすすめです。
そんな内海町の海苔をぜひご賞味ください。

生産者インタビュー

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...