株式会社藤本農園

庄原市東城町 . 広島県

自己紹介

藤本農園は自然豊かな東城町の棚田(だんだん田んぼ)が広がる地域でお米を作っています。
一級河川成羽川の源流域で、6月にはホタルが飛び交い、アユ、イワナなどが泳ぎます
お米作りは先代から受け継ぎ和牛ふんによる土づくりや水、美味いコメに必要な朝夕の寒暖差を活かした循環型農業を行っています。
平成3年より合鴨農法に取り組み、平成21年には大阪での美食米のコンテストで優勝しました。
収穫したお米は自社で色彩選別・精米も行っており、生産からお米になるまでの一連の作業を自社で行っています

私たちのこだわり

東城は和牛の名産地。藤本農園でも和牛を飼っており、堆肥を使って土づくりをしています。
さらにお米収穫後のもみ殻を炭にし、土づくりに生かすことで自然に優しくおいしいお米になります。
JGAP認証や広島県認証「安心!広島ブランド」などの第三者認証も全圃場で取得しています。
藤本農園の特徴としてはアイガモ水稲同時作も行ってます。アイガモが元気に働けるように、無農薬・無化学肥料で米作りを行います。
時間と手間は掛かりますが、土や水を汚さない自然の負荷が少なく、環境の変化に強いお米になります。
また、一緒に育ったアイガモは田んぼの草や虫など自然由来の飼料を食べて育ち、健康的で安全なアイガモ肉になります。

みなさまへメッセージ

藤本農園のお米やアイガモ肉が食卓に届いたとき、食べて元気に笑顔になってもらえたら本当にうれしいです。
「一粒万笑」一粒の米から万の笑顔が生まれるようより安全で、より環境や人にも優しい農業に挑戦しています。
藤本農園は農業体験や食育など次世代育成も行っています。
いのちをつなぐ、未来へつながる農業でたくさんの人に笑顔になっていただきたいです。

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...