有限会社寺本水産

江田島市 . 広島県

自己紹介

美味しい牡蠣が育つ絶好の海域『奈佐美瀬戸』。
瀬戸内の牡蠣どころ広島県の江田島市で生産される老舗寺本水産の牡蠣。
その特徴はなんと言っても、濃厚な旨味がギュッと詰まったぷりぷりな食感。
そのうえ甘みが強く、牡蠣が苦手な人でも「生臭さがなく、おいしく食べられた」という声が寄せられるほど。
この食感と味を実現できるのは、瀬戸内海に囲まれた広島県指定の強流速清浄海域『奈佐美瀬戸』という土地の特徴に加え、
長年牡蠣の養殖を行なってきた寺本水産がその技術を最大限活かして、手間をかけて大切に牡蠣を育てているからこそ

私たちのこだわり

先祖伝来の牡蠣育成技術をひたむきに継承
寺本水産が漁場として牡蠣を育てているのは、江田島市の能美島と廿日市市の宮島に挟まれた『奈佐美瀬戸』という海域。ここは、山から流れるミネラル豊富な水が大量に行きつく広島湾中央部に位置する瀬戸で、潮の早さや菌の少なさが特徴。広島県から清浄海域に指定されている場所です。

また、奈佐美瀬戸の厳しい潮流の中では不純物がきれいに洗い流され、牡蠣のえさとなる良質なプランクトンが絶えず循環。そんな海域で育った牡蠣は貝柱が太く、身は大きく締まっています。生食検査では県の厳しい出荷基準をクリアしています。

みなさまへメッセージ

甘くてぷりぷり!『寺本水産』の殻付き牡蠣
昭和初期にかき小屋として創業し、代々牡蠣の育成を続ける寺本水産の3代目。
「良い品質を保つ為の手間と時間を惜しまない」をモットーに、良質な牡蠣を世に送り出し続けています。
「生まれた時から出荷まで甘やかすことなく厳しく育てた江田島の牡蠣を、是非ご賞味ください。」

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...