コニシ工業

庄原市 . 広島県

自己紹介

広島県北部、中国山脈のふもとにある庄原市高野町
冷涼な気候を生かして育てた有機栽培ホップ使用の地ビール「御津女神社BEER」を、2018年より製造・販売しています。
現在では年間約2400本もの生産を行い、県内に限らず首都圏の飲食店とも取引を行っております。環境にも体にも優しく地元愛に満ちたビールづくりを行っています。

私たちのこだわり

西日本では珍しい冷涼な環境で育ち、さらには健康志向にマッチした無農薬・無肥料のホップを使ったビールづくりこそがわたしたちのこだわりです。
これは、2015年に、比較的気候の似た岩手県と山形県を視察したことが大きな転換期でした。視察後、有志とともに9人でプロジェクト組織を設立。自分の畑を使って、近隣の大手ビール会社の協力も得て栽培を開始しました。結果として2018年には製造販売できる20キロの量を収穫しました。醸造は同県福山市のメーカーに依頼し、香り高く爽やかな苦みのあるビールに仕上げています。

みなさまへメッセージ

中国山地のてっぺんの涼しい気候を生かし、何か地域振興策はないかと色々なチャレンジしております。
自然栽培でホップを栽培し仲間と楽しくやっております。
過疎化の進む中、地域を何とか次の時代につなぐため、農産物、水、森林を活かし持続可能な地域を
めざしながら、地域でチャレンジする若者を支援して行きたいと思っております。
商売というよりも、たくさんの皆様とつながるためのクラフトビール、ホップであっ
て欲しいとおもっております。

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...