万汐農園

尾道市向島町 . 広島県

自己紹介

広島県で農産加工を営む6次産業農家の万汐農園と申します。
現在はうめやいちじくを栽培しております。
元々は海苔養殖を営んでいた先代が1953年に段々畑を開墾し柑橘や梅を育て初め、25年以上に渡り梅林やいちじく園を開墾し続けたのが弊園のはじまりです。
その後、「もったいない!」の精神で農産加工を始め、「体験を通して果実のことをもっと知ってもらいたい」という想いから
農地の一般開放を行い収穫体験のできる観光農園として運営しております。

わたしたちのこだわり

栽培している青梅やいちじくは広島県特別栽培農産物として認証。
自然由来の資材を使用した環境に優しい栽培を心掛けています
加工品は地元産の果実にこだわり、全て銅釜直火炊きによる手作りです。
果実をまるごと食べているような果実感を再現できるよう日々情熱を燃やし続けております。
海辺にある加工場には近隣の住民たちが集結! 家庭菜園を持つスタッフも多く、
自給自足、自然を大切にしてかけがえのない地域の中で共存することを目指します。

みなさまへメッセージ

初めまして!広島県を中心に道の駅やギフトカタログ等で販売をしております。
首都圏では果実ぷりんシリーズを置いてある店舗が多少ありますが、初めて見る方ばかりと思います。
気候や天候の影響を受け易い青梅やいちじくは予約販売が難しく、お届けまでお時間を頂く場合がございます。
逆に豊作のため突然出品させていただく、といったこともあります。
ご迷惑をお掛けしますが、品質には自信を持っています。ぜひご確認ください。

この生産者の商品

もっと見る
Loading component ...